「きくらげ」はほとんどが輸入品

「きくらげ」は、そのほとんどが輸入品です。 国産品はというと、たったの1~2パーセント程度です。

そしてその輸入品のほとんが「中国産」です。
輸入の統計資料を見ると、台湾やベトナムの名前もありますが、全部足しても中国の1%にも到達しないほど、圧倒的に中国産です。

そして、中国から来る木耳は「乾燥きくらげ」です。

もちろん、乾燥きくらげは、水やお湯などで戻してから調理に使いますので、乾燥状態より食べるときの量は増えます。 初めて乾燥きくらげをもどすと、その膨張量にびっくりすると思います。

なお乾燥きくらげは、その重さを10倍することで、生のきくらげの相当量に換算されます。 乾燥しいたけの場合は7倍ですので、膨張の度合いは、しいたけより、ずっと大きいことが分かります。



乾燥きくらげの輸入の経過

乾燥きくらげの中国からの輸入はず~っと安定して続いていましたが、2008年~2009年に急に落ち込んでいます。

これは、中国製冷凍餃子中毒事件が原因といわれてます。 その後は、徐々に回復基調です。



国内の産地は

国産の「きくらげ」は、乾燥きくらげと、生のきくらげがあります。 国内では、各地で生産されているものの、規模的にはそれほど大きくないです。

産地における生産戸数も多くない(1~十数戸)ので、安定的とは言いにくい側面もあります。

ネットでは、熊本など九州産の「きくらげ」を目にすることもありますが、九州に限らず、量は少ないながら全国各地の「きくらげ」があります。



消費量は「なめこ」と同等

ところで、「きくらげ」の国内の消費量は、実は「なめこ」と肩を並べるほどの規模です。 意外に感じるかもしれませんね。

なめこの場合、味噌汁をはじめ、家庭でよく調理されます。 そのため「なめこ」は、スーパーやお店などで直接購入する機会が多く、すごく身近な感じがします。

その一方で「きくらげ」の場合、あまり「きくらげ」をお店で購入する機会がないと思います。 きくらげは、既に調理されたものを食べることが多いので、調理前の「きくらげ」への馴染みが少ないです。 そのためか、産地を気にする機会も少ない気がします。



このページの先頭に戻る

こんな話題もどうぞ

木耳を使ったレシピ~きくらげのスープ
きくらげを使ったスープのレシピの紹介です。 中華スープもいろいろありますが、一番簡単で栄養満点なスープといえば、きくらげと卵が入ったスープではないでしょうか。 お味噌汁もいいですが、たまには中華スープもいかかでしょうか。.....

きくらげ(木耳)の産地~国産品はわずかで輸入品がほとんど
木耳(きくらげ)は国内ではほとんどが輸入物の乾燥木耳です。国産品もありますが、まだまだ量は少なく、価格も高いです。.....

生活習慣病と木耳(きくらげ)~カリウムや食物繊維~便秘や肥満、高血圧などを防ぐ
木耳には生活習慣病を防ぐための栄養素も含まれています。食物繊維は便秘解消や腸内環境を整えるのに貢献しそうですし、カリウムは高血圧を防ぐのに役立つといわれています。きくらげだけでどうにかなる生活習慣病ではないですが、低カロリーですし、いい方向への働きが期待できそうです。.....

ウーロン茶(烏龍茶)といえば中国産
ウーロン茶といえば中国産が当たり前です。ダイエットなどでも注目され、健康のために烏龍茶を飲む人も多いです。また、ペットボトル入りの烏龍茶が普及したことで、すごく身近なお茶のひとつでもあります。.....

なかなか読めない「木耳」
「木耳」と書いて、すぐに「きくらげ」と読める人はあまりいないです。中華料理や中華っぽい惣菜などでも良く目にする食材だけに、だれもが知っていてもおかしくないけど、でも意外にあまり知られていない「きくらげ」です。身近な人に試してみる、話のネタになりそうです。


(スポンサードリンク)

注目の食材

木耳の知識

木耳と栄養・効果

乾燥木耳

木耳レシピ

写真日記@木耳

さまざまな木耳

中国産のヒット食品

コラム

(スポンサードリンク)

お問い合わせ

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

FX
Copyright © 2012 おいしい!安い!木耳(きくらげ)ガイド. All rights reserved