こりこり食感がもっと “ 中華丼 ”を美味しくする

木耳の入った中華丼

こりこり食感の木耳が、中華丼を美味しくしてくれます。 我が家では、木耳が手に入らないときは、木耳ナシで中華丼を作る時もありますが、木耳の食感がないと物足りなさを感じます。

今回は木耳ありの中華丼の作り方を紹介します。簡単でシンプルだけど、美味しかったです。

子供にも喜ばれる中華丼


≪ 材料 ≫

中華丼の材料
豚肉・・・200g
白菜・・・4枚
にんじん・・・1/2本
たまねぎ・・・1/2個
しいたけ・・・3枚
きくらげ・・・3枚
うずら卵・・・お好みで
ヤングコーン・・・お好みで
ごま油・・・小さじ2
しょうがのみじんぎり・・・小さじ1
鶏がらスープの素・・・大さじ1
水・・・400ml
酒、しょうゆ・・・各大さじ2
塩・・・小さじ1/4
片栗粉・・・大さじ2



≪ 作り方 ≫

  1. きくらげを水でもどしておきます。
  2. 乾燥木耳と水で戻した木耳
  3. 野菜を食べやすい大きさに切ります。白菜の茎は厚いので、そぎぎりにします。 肉も一口大に切ります。
  4. しょうがをみじん切りにします。
  5. フライパンにゴマ油を入れて、しょうがのみじん切りを炒めます。
  6. 豚肉を炒めます。 豚肉に火が通ったら白菜の茎の部分を炒めます。
  7. 次に、たまねぎ・にんじん・しいたけ・はくさいの葉の部分、と固い野菜から順番に炒めていきます。
  8. きくらげ・うずらの卵・ヤングコーンも炒めたら、水と鶏がらスープの素・酒・しょうゆ・塩を合わせて、フライパンに入れて煮込みます。
  9. 野菜が柔らかくなってきたら、片栗粉大さじ2に対して水を大さじ4で溶かして、全体に加えてとろみをつけます。
  10. 最後に、ご飯を丼によそい、上にかけると、中華丼の完成です。

『めんどくさがりや』の私でも 簡単に中華丼が完成しました。 お肉も野菜もたくさん入っていえうので、栄養満点です。 今回は、きくらげも使ったので、より一層中華丼をおいしく味わうことができました。 私のイチオシレシピです。

中華丼の料理中


キクラゲの通販紹介(楽天市場)

国産(大分県産)の乾燥きくらげ
国産のきくらげは少数派です。国内で食べられてる、きくらげのほとんどは中国産。貴重な国産きくらげのお店です。

中国産の乾燥きくらげ
横浜中華街に中華食材店を開業して六十年以上の歴史を有する老舗「耀盛號(ようせいごう)」の楽天市場のお店です。
このページの先頭に戻る

こんな話題もどうぞ

ネット通販(楽天市場)で購入できる木耳(きくらげ)を比較
楽天市場には国産・中国産などの海外産の木耳のネット通販のお店がいろいろあります。木耳の相場や、評判などについて比べてみました。.....

きのこ類
きくらげは、きのこの一種ですが、きのこ類にはいろいろあります。しいたけ、なめこ、えのきだけ、は定番のきのこです。そのほか、高級品として知られるマツタケ。しめじ、まいたけ等もあります。近頃よく目にするエリンギは、海外由来(地中海沿岸原産)なんだとか。

きくらげ(木耳)の意外にすごかった栄養~健康に重要な成分が豊富~
味より食感を楽しむ木耳(きくらげ)だからでしょうか、健康に重要な栄養が豊富なことを、意外に感じる方も多いです。ビタミンDや食物繊維など様々な食品のなかでもトップクラスともいわれる木耳の栄養についてまとめました。.....

きくらげ(木耳)の産地~国産品はわずかで輸入品がほとんど
木耳(きくらげ)は国内ではほとんどが輸入物の乾燥木耳です。国産品もありますが、まだまだ量は少なく、価格も高いです。.....

木耳を使ったレシピ~きくらげのスープ
きくらげを使ったスープのレシピの紹介です。 中華スープもいろいろありますが、一番簡単で栄養満点なスープといえば、きくらげと卵が入ったスープではないでしょうか。 お味噌汁もいいですが、たまには中華スープもいかかでしょうか。.....

Copyright © 2012 おいしい!安い!木耳(きくらげ)ガイド. All rights reserved