乾燥木耳を水で戻す

中国人の友人から、お土産にいただいた乾燥木耳です。 食べる分だけ割って戻すのもいいですが、ほんの一つまみ程度のサイズでしたので、全部を戻すことにしました。

箱から出して、透明パッケージをとって鼻の近くで嗅いでみると、わずかに酢昆布に近いニオイがしたかなぁ。

水道水1.5リットルをボールにはり、乾燥木耳を入れました。

ぬるま湯なら15~20分、水なら30分と教えてもらっていたのですが、今回は水だったので、きっちり30分待ちました。

一つまみの乾燥木耳の塊が、両手いっぱいの木耳へと戻りました。食べきれるか心配なほどです。

戻した木耳はニオイがなく、戻し水も元の透明のままでした。

どこかの国産きくらげの販売ホームページで見た、中国産の乾燥木耳の戻し水の写真は、薄く茶色がかってたので、そうなるのかなと思いましたが、この乾燥木耳では違いました。 中国産といってもいろいろあるでしょうからね。




戻した木耳を洗って茹でる

戻した木耳をザルにとり、ざっと洗いました。

木耳を取り出してみると、さっきまで乾燥だったとは考えられないほど、プリプリ感のあるみずみずしさです。(まだ茹でる前です。)

思ったより量が多かったので、半分くらいをワサビ醤油でいただくことにしました。(ちなみに残り半分は味噌汁にすることにしました。)

さて、茹でる準備です。 なんとなく手に取った小さい鍋ではじめました。 でも、この鍋は小さすぎて、失敗だったかも・・・。

ぐつぐつお湯が沸騰してから、木耳を投入したのですが、冷えた木耳の投入で、お湯の温度は一気に下がったようです。 当たり前ですね。(^_^;)

10分くらい煮ると教えてもらっていたので、とりあえずは、細かいことはことを気にせずに、ぐつぐつと10分ちょっと煮込んだのでした。

こりこりした食感がポイントの木耳だけに、茹ですぎると食感が台無しになりそうな気もします。 こんなにぐつぐつ煮込んでてもいいのかなと、少し心配しつつも、とにかく教えてもらったとおり、10分ちょっとじっと煮込みました。




茹でた木耳を一口サイズに

茹でた木耳は、一度ザルにとりました。 煮汁がうっすら黄金色で、味見してみると、ほんのりシイタケのダシに似た感じでした。

いったん水で冷やして、一口サイズに包丁できっていきました。

心配していた弾力感も、しっかり残っていて、抑えている手からも、切っている包丁からもプリプリ感が伝わってきました。(まな板の上で撮りました。プリプリ感が伝わるかなぁ。)



果たしてお味は?

できた木耳は、お刺身風にワサビ醤油でいただきました。

やはり、ぷりぷりした歯ざわりが、癖になります。 ちなみに隣で一緒に食べてる人から、こりこり・・・噛む音が心地よく聞こえてきました。

知らばければ乾燥だったとは想像もできないほど、肉厚もしっかりあって、弾力がある歯ごたえ。もちろん固くはないです。

木耳そのものに味はないですが、食感がいいので、ワサビ醤油でどんどんいけました。 食感が楽しくて、あっという間に無くなってしまったのでした。

ビールやお酒のお供にもすごく合います。

木耳って脇役的な食材だと思っていましたが、こういう食べ方もなかなかいけます♪



このページの先頭に戻る

こんな話題もどうぞ

きのこ類
きくらげは、きのこの一種ですが、きのこ類にはいろいろあります。しいたけ、なめこ、えのきだけ、は定番のきのこです。そのほか、高級品として知られるマツタケ。しめじ、まいたけ等もあります。近頃よく目にするエリンギは、海外由来(地中海沿岸原産)なんだとか。

きくらげ(木耳)の意外にすごかった栄養~健康に重要な成分が豊富~
味より食感を楽しむ木耳(きくらげ)だからでしょうか、健康に重要な栄養が豊富なことを、意外に感じる方も多いです。ビタミンDや食物繊維など様々な食品のなかでもトップクラスともいわれる木耳の栄養についてまとめました。.....

木耳を使ったレシピ~きくらげのスープ
きくらげを使ったスープのレシピの紹介です。 中華スープもいろいろありますが、一番簡単で栄養満点なスープといえば、きくらげと卵が入ったスープではないでしょうか。 お味噌汁もいいですが、たまには中華スープもいかかでしょうか。.....

生活習慣病と木耳(きくらげ)~カリウムや食物繊維~便秘や肥満、高血圧などを防ぐ
木耳には生活習慣病を防ぐための栄養素も含まれています。食物繊維は便秘解消や腸内環境を整えるのに貢献しそうですし、カリウムは高血圧を防ぐのに役立つといわれています。きくらげだけでどうにかなる生活習慣病ではないですが、低カロリーですし、いい方向への働きが期待できそうです。.....

きくらげ(木耳)の産地~国産品はわずかで輸入品がほとんど
木耳(きくらげ)は国内ではほとんどが輸入物の乾燥木耳です。国産品もありますが、まだまだ量は少なく、価格も高いです。.....


(スポンサードリンク)

注目の食材

木耳の知識

木耳と栄養・効果

乾燥木耳

木耳レシピ

写真日記@木耳

さまざまな木耳

中国産のヒット食品

コラム

(スポンサードリンク)

お問い合わせ

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

FX
Copyright © 2012 おいしい!安い!木耳(きくらげ)ガイド. All rights reserved