国産マツタケが希少ゆえに

マツタケといえば、秋の味覚としてだけでなく、高級食材として有名です。 和食のイメージが強く、日本固有の食材と思っている人も少なくないです。

しかし国内に流通している松茸のほとんどが、海外からの輸入品です。 そしてその輸入マツタケの中には、中国産の割合が圧倒的に多いです。

マツタケに輸入品が多いのは、栽培が難しく、国産品が極端に希少なためです。

輸入マツタケのおかげで、よりリーズナブルなマツタケを多くの人が楽しむことができます。 しかし、一般的に国産の高級マツタケに比べると香りなどに差があるといわれています。



マツタケの産地

マツタケの産地はほとんどが海外で、その大部分が中国です。

マツタケの場合、輸入品でも乾燥状態でないものをよく見かけます。 木耳がほとんど乾燥品であることと比べると、同じきのこ類でも違いますね。 とはいえ、もちろん乾燥松茸もあります。

マツタケの場合、輸入量(又は生産量)が年によってけっこう動きます。 たとえば、アメリカとカナダは順位が逆転する年もあったり、韓国やトルコやモロッコは年によって輸入量がものすごく増減しています。

韓国のマツタケを見ると、平成19年には80トンもあったのに、平成21年には14トン、そして平成22年は55トンに回復しています。(参考「平成22年特用林産基礎資料」)

変動は大きいですが、中国が大半を占めていることだけは、変わりないです。



国産では長野県

国産のマツタケの生産量では、長野県がダントツのトップです。

平成22年のデータでは、国産139.8トンのうち、85.1(61%)が長野県です。 長野県が半分強を占めています。(参考「平成22年特用林産基礎資料」)



このページの先頭に戻る

こんな話題もどうぞ

きくらげ(木耳)の産地~国産品はわずかで輸入品がほとんど
木耳(きくらげ)は国内ではほとんどが輸入物の乾燥木耳です。国産品もありますが、まだまだ量は少なく、価格も高いです。.....

生活習慣病と木耳(きくらげ)~カリウムや食物繊維~便秘や肥満、高血圧などを防ぐ
木耳には生活習慣病を防ぐための栄養素も含まれています。食物繊維は便秘解消や腸内環境を整えるのに貢献しそうですし、カリウムは高血圧を防ぐのに役立つといわれています。きくらげだけでどうにかなる生活習慣病ではないですが、低カロリーですし、いい方向への働きが期待できそうです。.....

なかなか読めない「木耳」
「木耳」と書いて、すぐに「きくらげ」と読める人はあまりいないです。中華料理や中華っぽい惣菜などでも良く目にする食材だけに、だれもが知っていてもおかしくないけど、でも意外にあまり知られていない「きくらげ」です。身近な人に試してみる、話のネタになりそうです。

卵炒めを中華風にもっとおいしくする方法~木耳/きくらげのコリコリ食感
卵炒めも木耳(きくらげ)が入ると、こりこりの食感で一味違うものに。一気に中華料理風に様変わりしておいしいです。料理するときはあまり馴染みの少ない木耳かもしれませんが、意外に簡単に作れます。スピーディーに、かつ美味しい 『きくらげと卵炒め』 の作り方を紹介。 栄養もあって、お財布にもやさしい料理です。.....

ウーロン茶(烏龍茶)といえば中国産
ウーロン茶といえば中国産が当たり前です。ダイエットなどでも注目され、健康のために烏龍茶を飲む人も多いです。また、ペットボトル入りの烏龍茶が普及したことで、すごく身近なお茶のひとつでもあります。.....


(スポンサードリンク)

注目の食材

木耳の知識

木耳と栄養・効果

乾燥木耳

木耳レシピ

写真日記@木耳

さまざまな木耳

中国産のヒット食品

コラム

(スポンサードリンク)

お問い合わせ

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

FX
Copyright © 2012 おいしい!安い!木耳(きくらげ)ガイド. All rights reserved