意外に多い木耳の鉄分

きくらげには鉄分がけっこう含まれています。 意外に思う人も多いと思います。 あまり知られてないですしね。

乾燥木耳100gでは35.2mg の鉄分。一般的に鉄分が多いといわれてるものに比べると、ほうれん草(ゆで) 0.9mg、こまつな(ゆで) 2.1mg、きりぼし大根 9.7mg となっています。かなり多いですね。

しかし実際には乾燥木耳のままでは食べられませんので、ゆでた木耳の場合なら、0.7mgとなり、ほうれん草より若干少なめなくらいです。



鉄分が多い食品が苦手だけど・・・

貧血改善には鉄分が大事とは分かっていても、鉄分が豊富な食品として知られる、ヒジキやレバーなどを苦手にしている方も多いです。

ですので、いろいろな食品から鉄分が摂れれば、もっと苦労も減らせると思います。 きくらげは、そんな食品の有力候補の1つになれるはず。

きくらげは、味というより、食感を楽しむので、意外にいろんな料理と相性がいいです。 ですので、料理の美味しさアップと栄養アップの一石二鳥が狙えます。



鉄分が多い食品

ヒジキ(ほしひじき)・・・55mg/100g
乾燥木耳・・・35.2mg/100g
焼きのり・・・11.4mg/100g
レバー(豚:生)・・・13.0mg/100g
レバー(鶏:生)・・・9.0mg/100g
レバー(牛:生)・・・4.0mg/100g
アーモンド(乾)・・・4.7mg/100g
アーモンド(フライ・味付け)・・・2.9mg/100g
ほうれん草(葉・生)・・・2.0mg/100g
ほうれん草(葉・ゆで)・・・0.9mg/100g

「木耳」のほかにも、「焼きのり」や「アーモンド」なども手軽に鉄分を摂るにはよさそうです。 ヒジキやレバーが苦手な方にはおすすめだと思います。



このページの先頭に戻る

こんな話題もどうぞ

きくらげ(木耳)の意外にすごかった栄養~健康に重要な成分が豊富~
味より食感を楽しむ木耳(きくらげ)だからでしょうか、健康に重要な栄養が豊富なことを、意外に感じる方も多いです。ビタミンDや食物繊維など様々な食品のなかでもトップクラスともいわれる木耳の栄養についてまとめました。.....

木耳を使ったレシピ~きくらげのスープ
きくらげを使ったスープのレシピの紹介です。 中華スープもいろいろありますが、一番簡単で栄養満点なスープといえば、きくらげと卵が入ったスープではないでしょうか。 お味噌汁もいいですが、たまには中華スープもいかかでしょうか。.....

きくらげ(木耳)の産地~国産品はわずかで輸入品がほとんど
木耳(きくらげ)は国内ではほとんどが輸入物の乾燥木耳です。国産品もありますが、まだまだ量は少なく、価格も高いです。.....

なかなか読めない「木耳」
「木耳」と書いて、すぐに「きくらげ」と読める人はあまりいないです。中華料理や中華っぽい惣菜などでも良く目にする食材だけに、だれもが知っていてもおかしくないけど、でも意外にあまり知られていない「きくらげ」です。身近な人に試してみる、話のネタになりそうです。

生活習慣病と木耳(きくらげ)~カリウムや食物繊維~便秘や肥満、高血圧などを防ぐ
木耳には生活習慣病を防ぐための栄養素も含まれています。食物繊維は便秘解消や腸内環境を整えるのに貢献しそうですし、カリウムは高血圧を防ぐのに役立つといわれています。きくらげだけでどうにかなる生活習慣病ではないですが、低カロリーですし、いい方向への働きが期待できそうです。.....


(スポンサードリンク)

注目の食材

木耳の知識

木耳と栄養・効果

乾燥木耳

木耳レシピ

写真日記@木耳

さまざまな木耳

中国産のヒット食品

コラム

(スポンサードリンク)

お問い合わせ

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

FX
Copyright © 2012 おいしい!安い!木耳(きくらげ)ガイド. All rights reserved