いい木耳とは?

木耳といえば乾燥品も多いですが、生のものもあります。

日本国内で流通している木耳は、ほとんどが輸入品で、中国からのものが多いです。 輸入品は乾燥品として入ってくるため、国産品はそれと区別するため、生で販売するものも多いです。 日持ちする乾燥木耳もありますが、国産品は乾燥も生も値段が高いです。

国産品だと、なんとなく安心感はありますが、どこまで値段にガマンできるかですね。 むしろ、安心できる輸入品を見つけたほうが早いかもしれません。

主婦視点の素朴な疑問をスタートに、さまざまな角度で木耳についてレポートします。

安くて安心のカニ通販


木耳(きくらげ)情報のメニュー



ピックアップ!こんな話題も

元気な骨と木耳(きくらげ)~ビタミンDやカルシウム~防げ!骨軟化症など
木耳にはビタミンDが豊富で、カルシウムもそこそこ含まれます。なので、骨の元気にも結構貢献できる食材です。こりこりした食感を楽しむことで、無理なく骨に大事な栄養を摂れるはず。骨軟化症など骨の問題を防ぐために一役買ってくれそうです。.....

いろいろ試したけど…便秘解消のお役立ち情報
毎日の子育て、仕事、家事と多忙な日々を送っていると、何日も便がでていないことってありませんか?私もその一人です。食生活と運動が大事なのはわかっているのですが、なかなかうまくいかないのが現実です。便秘解消に役立つ情報を調べてみました。.....

意外に知られてない!?まつたけ(松茸)はほとんどが中国産
まつたけ(松茸)は栽培が難しく、国産品が極端に限られ、高級品として知られます。そのため国内で流通しているほとんどが、海外からの輸入品です。そして、そのほとんどが中国産です。.....

乾燥木耳から戻してワサビ醤油でコリコリ食感を楽しみました(写真日記)
一つまみの乾燥木耳を水で戻すと、みずみずしい両手いっぱいの木耳に。それをゆでて、ワサビ醤油でコリコリ食感を楽しみました。そのままでもいけますが、ビールやお酒のおつまみとしても最高です。.....

「うまい!」といわれる中華丼を作る秘けつ~こりこり食感の木耳がポイント
木耳は中華料理には欠かせない食材です。 中でも有名なメニューは、中華丼ではないでしょうか。 木耳なしの中華丼も作ったりしますが、何か物足りなさを感じます。 こりこりした食感のキクラゲが、あなたの中華丼をもっと美味しくしてくれます。友人や彼女・彼氏、子供達をあっと言わせる中華丼を作りましょう。ヒントの.....

生活習慣病と木耳(きくらげ)~カリウムや食物繊維~便秘や肥満、高血圧などを防ぐ
木耳には生活習慣病を防ぐための栄養素も含まれています。食物繊維は便秘解消や腸内環境を整えるのに貢献しそうですし、カリウムは高血圧を防ぐのに役立つといわれています。きくらげだけでどうにかなる生活習慣病ではないですが、低カロリーですし、いい方向への働きが期待できそうです。.....

なかなか読めない「木耳」
「木耳」と書いて、すぐに「きくらげ」と読める人はあまりいないです。中華料理や中華っぽい惣菜などでも良く目にする食材だけに、だれもが知っていてもおかしくないけど、でも意外にあまり知られていない「きくらげ」です。身近な人に試してみる、話のネタになりそうです。

ウーロン茶(烏龍茶)といえば中国産
ウーロン茶といえば中国産が当たり前です。ダイエットなどでも注目され、健康のために烏龍茶を飲む人も多いです。また、ペットボトル入りの烏龍茶が普及したことで、すごく身近なお茶のひとつでもあります。.....

乾燥木耳の戻し方について写真で説明~方法と経過
乾燥木耳は水やぬるま湯で戻します。方法は簡単で、ボールに水をはり、その中に乾燥木耳を入れて待つだけ。でもいつまで待てばいいの?戻したらどんな感じになるの?を写真で観察。.....

卵炒めを中華風にもっとおいしくする方法~木耳/きくらげのコリコリ食感
卵炒めも木耳(きくらげ)が入ると、こりこりの食感で一味違うものに。一気に中華料理風に様変わりしておいしいです。料理するときはあまり馴染みの少ない木耳かもしれませんが、意外に簡単に作れます。スピーディーに、かつ美味しい 『きくらげと卵炒め』 の作り方を紹介。 栄養もあって、お財布にもやさしい料理です。.....

Copyright © 2012 おいしい!安い!木耳(きくらげ)ガイド. All rights reserved